読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的ゲームライフ

独断でPS3のゲームソフト中心にレヴュー

スプリンターセル ブラックリスト

感想

PS2でこのタイトルにハマって全てプレイした。ステルスゲームにハマったきっかけもスプリンターセル。ステルス特化だけあって敵への沈黙手段が多様なのが特徴。

PS3で出ているのを知ってワクワクしながらプレイしたのだが、残念ながらあの頃のようには楽しめなかった。どうやら、思い出補正とPS2タイトルのカオスセオリーには敵わなかった模様。ぼーっとしながらクリアして終了。特に印象にも残っていない。

ただ分かったのは、ステルス物が苦痛になってきたと言うこと。ステルスはとにかく待ち待ち待ちの連続で、長い間様子を窺い、「よし!今だ!」と敵の合間を抜けようとすると見つかることも少なくない。

昔はそんな時に「もうちょい待ちと配置を把握しないといかんな」とかなったんだけど、今は「はぁ!?なんでそこにいる?WHY?もういいわ突っ切ろ!」となる。でもこのシリーズは敵に見つかるとリトライ一直線なので結局待ちの連続となる。そうなるとイライラしてくるのでもう卒業と言ったところか。

SIRENみたいなサバイバルホラーはステルスも苦にならないんだけど、メタルギアやスプリンター系は苦になってきた。

カオスセオリーなんかはノーキルノーアラートでクリアするまでやり込んでたのに今ではそんな気が全く起きない。自分でもなんか悲しい。

総評

f:id:goodtimegoodlife:20160316074219p:plain

スプリンターセル ブラックリスト

新品価格
¥2,646から
(2016/5/10 21:01時点)