読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的ゲームライフ

独断でPS3のゲームソフト中心にレヴュー

ジャンルのカテゴライズについて

ゲームジャンルのカテゴライズは難しい。ここでは分かりにくい、分かりすいジャンルも含めて書いて置こうと思う。

箱庭とオープンワールドの違い

箱庭ゲームで検索すると分かるが、シムシティなどの育成型シュミレーションゲームやスマホアプリが出てくると思う。

箱庭とは、要は画面を箱と捉えて、箱の中に自分で街や庭や人などを配置し、その反映がリアルタイムに進行して行くようなミニスケープと言うシュミレーションジャンルの通称

また、マップの中での自由度が高いGTAのようなものをオープンワールドと俗称で呼ぶことから、本来はトップジャンルが違うのだと認識している。

シムシティGTAのトップジャンルはシュミレーションとアクションだと思うけど、もはや箱庭=GTA的世界観となっているのでこれが箱庭=オープンワールドになるのだろう。

個人的にはオープンワールドと言ってもマップは有限なわけで、箱の中に収まっているのに違いはないと思うし、例えばアサシンクリードなんかはマップが広くオープンワールドっぽいけど、始めからマップが全部見えるわけじゃなく見れるマップを広げていく感じなのでそういうのも目安になるのかな。

オープンワールド=自由度が高いだから、1本道で進んでいくゲームは除外とか。
この辺りは本当ややこしいので、メーカー公式なりで調べるのが手っ取り早い。

アクションRPGとアクションの違い

アクションRPGとアクションも操作キャラの役割(職業など)や、成長要素(ステ振り分け)などがあるかどうかが判断材料になると思うけど、普通のアクションでも後半になるにつれHPなどは増えている訳だし成長してると言えばしてる。

レベルアップ要素も最近じゃ武器をレベルアップさせて進めて行くアクションなんかもあるけど、でもこれはなんとなく分かると思う。

戦闘がドラクエなどのエンカウント式だと分かりやすいが、アクションRPGは戦闘がシームレスだ。

普通にマップを走っていて敵に遭遇すると即戦闘に移れる点は例えばキングダムハーツもそうだし、ゴッドオブウォーも同じだ。前者はアクションRPGで後者はアクションになるが、違いはやはり戦闘でのコマンド選択の有無パーティー要素などだろう。

FPSとTPSの違い

FPSとTPSなどは1人称3人称なので分かりやすいけど、ジャンルにTPSを追加するとややこしくなりそうなのでしない。

一応解説すると、1人称は主人公の全身が映らず、武器なりを持っている両手だけが映っているものと言えば想像が付くだろうか?主人公を操作する感覚と言うよりは自分が画面の中で武器を持っている感覚に近いので中毒性が高いと言われている。

一方TPSは視界的に主人公を後ろから観ている状態。バイオハザード4サイコブレイクアンチャーテッドなんかもTPSだろう。

TPSと言えば、ほぼキャラは画面左配置だけど、左利きの人はどう感じるんだろうね。
俺は右利きだけど、バイオ5のシェバを初めて使った時は、画面右からの敵に反応しづらかったのを良く覚えている。使っていると慣れるからあんまり関係ないように思うけど。


とまぁ、なんとなく認識してるジャンルの違いなので正確性は知りません。このブログも「そんな細けーことはいいんだよ!」な感じでカテゴライズしてるのであしからず。